現在、限定プレゼント配布中!
アーユルヴェーダで心も体も自分らしく生きたいあなたは、こちらからご登録くださいね。

精神のケア

アーユルヴェーダ式「イライラしているとき」の対処方法5つ

ゾウちゃん
イライラしているとき、アーユルヴェーダっぽく何とか対処する方法ってない?
もちろんあるわよ。イライラしているときすぐに対処できるといいわよね。
ロータスちゃん

今回はアーユルヴェーダ式のイライラしているときの対処方法を5つご紹介していきます。

こんな方にオススメ

  • イライラしているときの対処方法を知りたい
  • 怒ったときのアーユルヴェーダ対処法が気になる
  • イライラの原因をアーユルヴェーダ的に言うとどうなのか知りたい
MISAKI
この記事を読むことでイライラしているときに対処をして、人間関係のバランスを保つ方法

アーユルヴェーダ式なイライラしているときの対処方法5つ

それでは、イライラしているときの対処方法をアーユルヴェーダ的に見ていきましょう。

他にもたくさんの方法がありますが、いつでもどこでも行いやすいものを5つピックアップしてみました。それが以下です。

  1. 甘いものやしょっぱい食べ物を食べる
  2. 腰をひねるストレッチや運動をする
  3. 水や冷たいものでクールダウンする
  4. 瞬間的な怒りは息を大きく吸って吐く
  5. 呼吸にだけ意識する

これを見ただけでも、何となく「なるほど」と思われる方もいるかもしれません。

それでは、ひとつずつ説明していきます。

1、甘いものやしょっぱい食べ物をたべる

甘いものやしょっぱいものを食べることで、ヴァータ(風のエネルギー)が整ってくれます。

イライラはピッタと思われがちですが、ヴァータが乱れているから起こるということもあります。

現代人では、睡眠不足や過労、食生活の乱れてヴァータのバランスが乱れていることが非常に多いです。

寝不足な時に些細なことでもイライラしたり、人に攻撃的になったり気分のムラがあることがありませんか?

これが、まさにヴァータが乱れた状態です。

なので、このような状態の時には甘いものやしょっぱい食べ物をあげましょう。

これでヴァータをおちつけてリラックスするという作戦です。

「無性に甘いものが食べたい」や「ファストフードのポテトが食べたい」と思っているときはヴァータの乱れだと判断してもよいので、ぜひとも甘いものやしょっぱいものを食べてあげてください。

このときにチョコレートやフライドポテトなどのお菓子やファストフードを食べることもいいのですが、できれば焼き芋やふかし芋、小さなおにぎりなど、ナチュラルなものを食べてあげる方が長期的にみて体のバランスは整いやすいです。

MISAKI
ヴァータのケアの仕方に関しては以下の記事でも紹介しているのでチェックしてみてくださいね!

2、腰をひねるストレッチや運動をする

一日中イライラしているときにはヴァータが乱れていることも前提と考えますが、その人のボディドーシャバランスによってはピッタが乱れやすくなっている状態であるといえます。

そんな時には、腰をひねるストレッチや運動をしてみましょう。

その理由は、胃のあたりはピッタが座しているからです。

胃のあたりにピッタの火(エネルギー)がメラメラと燃えてしまっているので、そこを刺激することで、からだの流れをよくするのが目的です

このときのストレッチは激しいものではなく、できるだけゆっくり伸ばすようなストレッチをメインとして行うと良いでしょう。

激しいと逆にピッタをあげてしまうことになりかねませんので、10秒数えてひとつのストレッチを行うようにしてみてくださいね。

例えば、壁に背中を向けて立って、腰をひねって壁に両手をつくようなストレッチをすればお腹周りのストレッチにはピッタリです。

イライラしているときはせっかちになって「10秒も待てない!」と思ってしまいますが、この10秒でそのあとの1日が変わるのであれば、ここでやっておいた方がかなりお得ですよ。

3、水や冷たいものを食べてクールダウンする

水や冷たいものを食べてクールダウンをすることで、体内のピッタの火のエネルギーを抑える方法です。

冷えた水を飲んだり、冷麺などの冷たいものを体に取り込むことで、熱を中和してイライラを抑えていきましょう。

水なら比較的いつでも飲めるので、仕事中でも家事中でも使える手です。

もちろん冷たい水で手や顔を洗ってみるのも効果的です。

首から上はピッタが多く存在している部分です。そこを冷やすことで体もすっきりしてくれるはずですよ。

MISAKI
ピッタのせいでイライラするのは、夏~秋の季節にかけて多いので以下の記事も参考にしてくださいね。
関連記事
no image
秋はピッタが乱れる!イライラしたらアーユルヴェーダを実践!

続きを見る

4、瞬間的な怒りは息を大きく吸って吐く

誰にでも訪れる瞬間的な怒りの簡単にできるアーユルヴェーダ式対処方法は、息を大きく吸って吐くこと。

誰かがあなたに対して理不尽なことを言ったときは頭に血が上るような感覚になるかと思います。

そんな時にその状態のまま言葉を口に出してしまうと、人間関係に亀裂が入ってしまう可能性があります。

反撃をするにせよしないにせよ、自分の気持ちをいったん受け止めるとそのあとの行動を有意義に決定できるはずです。

 

なので、頭にカーっと血が上った時、目の前が真っ白になるような感覚の怒りには「息を大きく吸って吐く」をするようにしましょう。

このように瞬間的な怒りのときには自分の行動を決定できるほど冷静でなくなってしまう場合があります。

なので、普段からイライラや怒りを感じたときには「息を大きく吸って、そのまま大きく吐く」ということを意識して取り入れてみると、実際に大きな怒りが直面した時にもちゃんと対応ができるはずです。

5、呼吸にだけ意識する

怒りを感じても何かを食べたりその場所から逃げるわけにはいかないには、自分の呼吸にだけ意識をむけてみるとよいです。

イライラや怒りを感じているときには、怒りという感情の下に悲しさや寂しさ、孤独感などがあります。

例えば、自分が一生懸命頑張って仕事をしているときに、その仕事をあなたに押し付けた上司や同僚などの周りの人はさっさと自分を置いて帰宅してしまうとき。怒りを感じますよね。

こんな時には、期待していたのに裏切られたという寂しさや悲しさ、そして落胆などの感情があり、それを表現するために怒りがあふれてくるのです。

しかし、それでも目の前の仕事を終わらせなくてはいけないときには、その怒りやイライラにとらわれていては時間や自分の精神力が無駄に使われてしまうことになります。

そこで自分の呼吸に意識を向けてみましょう。

鼻で呼吸をするなら、鼻の穴の出口に空気が出入りする感覚を10回でも20回でも感じてみるんです。

そうすると、それを感じているときにはイライラが少し収まって自分の呼吸に集中できていることになるはずです。

イライラ・怒りが収まった後はヴァータを整えて

怒りやすくなっているということは、ヴァータもピッタも乱れている状態です。

怒りによって自分の行動や選択のミスをしてしまうと、残念ながらその結果を被るのはあなた自身です。

なので、イライラした時や怒りを感じたときにできる対処方法を覚えておいて、実際にその状態になったときに対応できるようにしておきましょう。

できる限り「イライラしている」「怒っている」という感情を受け止めてみることで、自分自身の心と体の変化にも気が付く様になっていくはずです。

そして、家に帰ったらあなた自身をしっかり休めて、リラックス・リフレッシュタイムをとるようにしてくださいね。

ゾウちゃん
自分に向いているイライラの対処方法を見つけてみるよ!ありがとう!
いいえ。イライラすることは決して悪いことじゃないからね。無理せずにケアしていきましょうね。
ロータスちゃん

参考文献

created by Rinker
Lotus Press (WI)
¥2,416 (2022/01/19 11:04:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,730 (2022/01/19 06:23:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2022/01/18 20:17:54時点 Amazon調べ-詳細)

無料講座実施中!

現在、Rtam Ayurvedaのメルマガに登録してもらうと、無料でできる詳しいドーシャチェック(動画つき)をプレゼント!

幸せ体質を取り戻したい、本当の自分らしく生きたいと思う人は、アーユルヴェーダと心理学・ヨガ哲学を実践していきましょう。

プレゼント配布中

①無料相談受付中!(5000円相当)
メールの無料相談を受け付けています。
誰かに言いたいけれどなかなか言えないことなど、この機会にぜひともご活用ください。

②体質診断(ドーシャ)チェック動画

③体質(ドーシャ)チェックシート
アーユルヴェーダの体質診断を自分でやってみたい方はぜひやってみてください!

あなたの今の体質を知って、心と体の辛さをとりたい・整えたい、幸せな子育てをしたい、パートナーとのコミュニケーションを良くしたいと思ったらぜひともこの機会に登録してくださいね。

あなたが「本当の自分」を生きるための手立てになりますように!

-精神のケア
-, , , , ,